男性が知っておくと便利な豆知識や一般常識、マナーなどを紹介!たまに女性目線コンテンツも

男性の豆知識

相撲の股割りの正しいやり方!ストレッチとの違いは?期間は?

投稿日:

相撲

柔軟の1つである「股割り
お相撲さんやスポーツにおいてケガを予防するとして、
行われているものですが、

やり方を誤ればせっかくよいものも
逆にケガに発展してしまいます。

股割りをこれから行おうと思っている方へ、
正しいやり方や練習方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

相撲の股割り・やり方、ストレッチとの違いは?期間は?

お相撲さんの稽古の一貫として有名な股割りですが、
ほかにも「また開き」「股裂き」などとも呼ばれています。

ご存知の通り両足が完全に開脚した状態で、
さらに前に状態を倒してぺたんと床に付ける位、
柔軟性を付けることで怪我予防にと繋げています。

お相撲さんとして入門した際に、
日々の稽古以上に厳しいともされていて、
完全な股割りが出来る様になるには個人差がありますが、
およそ1年はかかるといいます。

観た感じはストレッチの様ですが、
実際にはストレッチとは異なり、

ストレッチは筋肉や筋の柔軟性を求めるものですが、
股割りは股関節の可動域を広くすることで、
開脚が出来る様になることを差しているともいいます

とってもハードな練習方法を想像しますが、
一般の方であればあそこまでの練習は必要はありません。

無理に筋肉をひっぱり伸ばさず、
股関節の可動域を広げて行くことがポイントだとされています。

スポンサーリンク

股割りの正しいやり方とは?

筋肉を無理にひっぱらずに股関節の可動域を広げる、
股割りの正しい方法とはどの様なものか?

体の硬さの違いもあると思いますが、
「無理はしない」事がまず念頭に置いておきましょう。

うまく開脚が出来ないという場合には、
骨盤を柔らかくするストレッチから行ってみます

両膝をついたポジションから片足だけを横に広げ、
もう片方は足のかかとにお尻を乗せる感じにし、
両手を前に着いて腰をひねりながら骨盤をストレッチ。

これで徐々に骨盤と股関節の動きを意識して、
左右ストレッチを行いましょう。

痛いと感じない程度に徐々に動きを広げ、
股関節が広がり易い状態を作る様にしてみてください。

いきなり開脚した状態で、
無理矢理力づくで広げる様な練習方法は、
正しいやり方ではありません。

股割りのやり方、スクワットでの方法は?

お相撲さんのトレーニング方法にある「四股(しこ)」
いわゆるスクワットの様な動きですが、
これで股割り(本来は腰割り)も練習になるといいます。

行う事でヒップアップ効果もあるとされ、
アメリカでも注目されています。

始めは両足を肩幅よりも少し広めに広げ、
つま先は外側に向けて膝を大きく開いた状態で行い、
背筋は真っすぐにした状態でお尻を突き出さない状態で、
腰をゆっくりと沈めて行き股関節の動きを意識してみましょう。

痛いと感じない所まで沈めたら10秒程度キープし、
ゆっくりと元の状態へ戻すといった方法を
無理のない回数行います。

慣れて来たら脚の開きを120度や最終は180度まで広げ、
深く腰を鎮める事が出来れば、
股割りにも無理なく出来て来るのではないかと思います。

スクワットの正しいやり方!姿勢は!ダイエット効果や回数は?

 

スポンサーリンク

-スポーツ
-, ,

Copyright© 男性の豆知識 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.