男性が知っておくと便利な豆知識や一般常識、マナーなどを紹介!たまに女性目線コンテンツも

男性の豆知識

曹洞宗の焼香のやり方とは?作法は?回数は?

投稿日:

焼香

日本ではいくつかの流派に分かれ、
葬儀や法事などでもその作法が幾分異なる場合があります。

前の人の真似をすればどうにかなるものですが、
その中でも焼香の方法は違いがあります。

今回取り上げる流派は「曹洞宗(そうとうしゅう)」
焼香のやり方や作法についてご紹介いたします!

スポンサーリンク

焼香のやり方、曹洞宗とは?本尊は?

仏教宗派において最も信者が多いとされている
曹洞宗は禅宗の1つです。

つまり座禅を組む宗派であり、
南無釈釈迦無尼仏(なむしゃかむにぶつ)」を唱えます。

本山には福井県の「永平寺」と神奈川県にある「総持寺」
そしてご本尊は「釈迦牟尼佛」とされています。

ただ、自身の家系が曹洞宗であるにも係らず、
ご本尊が釈迦ではなく先手観音や薬師如来など
一定していないという場合にも間違いではない様で、

本来は釈迦牟尼佛が本尊ではありますが、
独立仏教寺院を総括しているのが「曹洞宗」であり、
釈迦牟尼佛をお祭りする際に、

個々の祭りには神仏が存在しているため、
仏教神仏においては自由であるとされていることで
一定していないのだとされています。

スポンサーリンク

曹洞宗の焼香のやり方、作法とは?

宗派ごとの作法にはその葬儀自体の作法から、
曹洞宗のご家族の葬儀へ出掛けた場合にと広く渡るので、
ここでは出掛けた場合に困る、
ありがちな作法を取り上げてみたいと思います。

焼香にも作法がありますが、
「お線香」をあげる場合にも、
一体何本あげるのがよいのか?と悩まれませんか?

2本立てるなんてところもありますが、
曹洞宗の場合は「1本」立てるといいます。

ロウソクで線香の先端に火を灯したら、
左手で風を扇いで消してたむけます

合わせてご紹介したいのは、
お線香を立てた後にならす「鈴(りん)」の回数。

2回であったり3回鳴らすと、
人によって違いが出ると思いますが、
基本は「3回鳴らす」ともされています

ただ、曹洞宗の僧侶によっても違いがある様なので、
わからない時にはそのご家族の方に聞くのも
決して悪い事ではないと思います。

何かとこうした作法は難しく、
基本がしっかりとあるものから、
違いがあるものと様々なので一概ではない事が多い様です。

曹洞宗の焼香のやり方とは?回数は?

本題の焼香のやり方ですが、
曹洞宗の場合には「2回」行うという事がほとんどの様です。

これは比較的どこでも曹洞宗の焼香の方法でも見られ、
一律したやり方がほとんどの様です。

やり方は、まず個人の位牌を見て一礼、
1回目は抹香を額まであげて香炉に落とす。

2回目はあげずにそのまま香炉へ落とし、
最後に始めと同様に合掌礼拝して終了です。

焼香前に葬儀・法事などでは導師やご遺族に
一礼の御挨拶はどこでも同じであると思います。

スポンサーリンク

-生活
-, ,

Copyright© 男性の豆知識 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.