男性が知っておくと便利な豆知識や一般常識、マナーなどを紹介!たまに女性目線コンテンツも

男性の豆知識

洗車の正しいやり方!水洗いとシャンプーの基本!セルフの場合は?

投稿日:

洗車

いつでもピカピカにしておきたい愛車、
なんとなく洗車をしてきたけれど、
これって正解なのか考えた事はありませんか?

綺麗に洗った筈なのに細かな傷が付いてしまったり、
時には汚れがしっかり落ち切れていなかったり・・・。

改めて洗車の方法を見直すために、
正しいせんしゃのやり方などご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

洗車のやり方、綺麗にする方法とは?

洗車をするにあたって、
その目的は1つ「綺麗にすること」ですよね。

合わせて申せば傷をつけず、
水垢や泥はねなどといった汚れを落とす事が
ポイントになってきます。

そうした事を踏まえた上で、
洗車を行うことで綺麗にすることは可能です。

洗う際に使用するウエスやセームは、
ボディ用とホイール用できっちりわける事も最大のポイント

ホイールには鉄粉などが付いているので、
そのままボディを洗えば細かな傷を付ける事になります。

洗車を行うにはいきなりボディに水をかけがちですが、
実は「ホイール」から洗う事をご存知でしたでしょうか。

ホイール部分を始めに洗う事によって、
ブレーキで出た鉄粉を流し、
ボディの洗浄時に合わせてブレーキダストなど細かな汚れを
洗い流してくれるというメリットがあります。

スポンサーリンク

正しい洗車のやり方、水洗いとシャンプーの基本とは?

洗車のやり方は先にもご紹介した通り、
ホイールから洗った後に車全体を水でよく濡らすこと。

水は濡らす以外にも大きな汚れを落とす役割りもあるので、
ホースや洗車用の切り替えノズルなどで、
泥汚れやほこりを落とす様に行ってください。

洗う順序は「上から下へ」が基本で、
水をかけながらボディ用ウエスやセーム、
タオルなどといったもので残りの汚れを落とす様に洗い、
多くはこれだけでも汚れが綺麗に落ちるといいます。

もちろんカーシャンプーで洗う事も間違いではありませんが、
バケツなどでよく泡立ててからクルクルと円を描く様に洗い、
「しっかり」洗い流す事が必須です。

流しが不十分であると塗装を劣化させるなどの
要因に繋がるともされています。

しっかりと洗い流したら、
乾いたタオルなどで手早く水分を拭き取って行きましょう。

自然乾燥も塗装には大敵
その後塗装や傷、汚れから守るため、
ワックスをかけて置く事を忘れずに。

洗車のやり方、セルフの場合は?

ガソリンスタンドで手軽に出来るセルフ洗車、
ドライブ前に気軽に出来るので利用されている
という方も少なくないのではと思います。

置いてある洗車機によっても違いがある様ですが、
水洗いとワックス洗車は恐らく基本で搭載されている事は
多いと思います。

ただ、細かな部分にはブラシが当たらず洗えない
といった事もあるので、
常時行うというよりも「取り急ぎ」の場合に
使用するといった使い方がよさそうです。

また、ワックス洗車の場合に、
ガラス部分にまでワックスがかかってしまい、
油膜となってしまう事もある様なので、
「拭くピカ」の様なガラス磨きアイテムを用意しておくと
解消出来るという声もあがります。

オイル交換のやり方!車や原付・スクーピーや大型バイクは?

原付のオイル交換のやり方!目安や頻度・量は?タイヤ交換は?

 

スポンサーリンク

-自動車・バイク
-

Copyright© 男性の豆知識 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.